心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

心と星の世界のつながり

 

質問六十二

ぼくは、空を見上げ宇宙を感じて行き着く先と、

自分の心の中を見つめてたどり着く場所が、

同じなんじゃないかと思っています。

 

(省略)

 

谷川さんの答

カラダが行く物理的な宇宙と、

ココロが行くタマシイの宇宙は、

別々のようでいて一つなのでは

ないかとぼくも考えています。

 

宇宙がふるさとだと

自然に感じられるようになりたい。

 

星空の谷川俊太郎質問箱」より

 

すごくステキな言葉。

 

どうして宇宙や星という、

自分から一番遠い世界が、

自分に一番近い世界(心)と、

これほどまでに共鳴するのか。 

 

いつも不思議に思う。

 

f:id:live-yourlife:20180810122638j:plain

Photo by Joshua Earle on Unsplash

 

 

「As above, so below」という言葉もある。

 

天の世界(星の世界)は、

地の世界(心の世界)に、

つながっている。

 

 

「アルケミスト」

という本にも、次の言葉がある。

 

I have inside me the winds,

the deserts, the oceans, the stars,

and everything created in the universe.

 

The Alchemist」より

 

自分のなかに、風があり、

砂漠があり、海があり、星がある。

宇宙に存在する、すべての万物が

自分のなかにも、ある。

 

 

どうしてか?って聞かれても、

うまく説明できないことが、

この世には、たくさんある。 

 

でも、心は、わかっている。

感じて、わかっている。