心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【さそり座】深く深く、ほりさげる

 

たまに本を読んでいると、

占星術の本ではないけど、

 

「あ、これ、あの星座、あの天体、

あのハウスっぽい言葉だな〜」って

思うときがある。

 

人生という作文」に出てきた、

さそり座の世界観を感じさせるような言葉たち。

 

自分の心を

掘り下げていってみると、

古代遺跡を発掘するのに似て

思わぬものにつきあたる。

 

壊れぬように土を払ってみると、

そこには見たこともない自分がいる。

気づいたことのない感情がある。

 

自分の決断や行動に関しても、

なぜ、なぜ、なぜ、と

自分の心に問いかけていく。

 

ひとつひとつ。

 

そうすると、

だんだん深くなる。

 

自分のなかに潜んでいるもの、

眠っているものを外に出す。

そこから、表層ではない

自分の物語がはじまるんです。

 

 

f:id:live-yourlife:20180912125237j:plain 

Photo by Jeremy Bishop on Unsplash