心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

水に沈まないのは、土星だけ?

 

宇宙のふしぎ

なぜ?どうして?

という本を読みました。

 

子ども向けの本だけど、

大人にも読みごたえがある。

 

占星術の本ではないけど、

12星座の神話が紹介されていたり、

それぞれの天体の説明など、

読みながら、心と星の世界に対する

ヒントを得るような感じがあった。

 

たとえば、水よりも軽い

太陽系の惑星は、土星だけらしい。

 

f:id:live-yourlife:20180902184743j:plain

Photo by Raphaël Biscaldi on Unsplash

 

どの惑星が、一番長く水に浮いて

いられるか、という競争をしたら、

土星が圧倒的。

 

他の惑星は、沈んでしまう。

 

水は、占星術では、感情をあらわす。

感情に溺れないという意味でも、

その特徴は、土星らしいなと、ふと思った。

 

水に浮く、

なんて考えていると、

 

土星の「わっか」が

浮き輪に見えてきたりもする。

 

 

ほかにも、読みながら、

宇宙の世界が、私たちの心に通じて

いるように思うことが、色々あった。

 

ブラックホールに

関する説明も、興味深い。

 

 

機会があれば、ぜひ一読を。