心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【西洋占星術】2019年3月のテーマ

 

水星がうお座で逆行。

関連記事:

【逆行】いつもとは違うペースのとき

 

それぞれの天体には

居心地のよい場所(星座)と

そうでない場所(星座)があります。

 

水星にとって

居心地のよい場所は、

ふたご座、おとめ座。

 

その反対側に位置する

いて座、うお座は、

水星にとって苦手な場所です。

 

おとめ座は、水星にとって

細部に目を向け、分析し、

思考できるような場所です。

 

おとめ座の反対に位置する

うお座では、同じやり方は

通用しません。

 

細かいことは気にされない、

境目がどこなのかも分からない、

すべてがつながっている、大きな

海のような世界が、うお座です。

 

ただでさえ苦手な場所で、

今月、水星は逆行します。

(3月6日〜28日)

 

しかも、そこ(うお座)には

よい意味でインスピレーション、

わるい意味で混乱を深める

海王星もいます。

 

今月は、いつもの思考回路では、

行きづまりを感じてしまうかもしれません。

 

論理的に「こたえ」を導くのではなく、

あえて、混乱の海を泳いでみることで、

「こたえ」が見つかるかもしれません。

 

具体的には、めいそう。

深呼吸をして心を整える。

 

また、シャワーやお風呂で

ボーっとしているときに、

何かひらめくかもしれません。

 

 

3月6日、天王星が

おひつじ座から

おうし座へ移動します。

 

新しい7年の幕開けです。

 

ちなみに、

2018年5月の後半〜10月までは、

新しい7年の予告編みたいなものでした。

 

その時期をふりかえることで、

これから7年の要素みたいなものを

見つけることができるかもしれません。

 

あなたの出生ホロスコープで

おうし座は何番目のハウスでしょうか?

 

そのハウスの

テーマに関することで、

変化や進化が後押しされる

7年になるかもしれません。

 

f:id:live-yourlife:20190219153915j:plain

Photo by Icons8 team on Unsplash

 

1ハウス

自分のアイデンティティー

 

外見を新しくしたくなるかも。

人生をリセットして

再スタートするかもしれません。

 

 

2ハウス

自分の価値やスキル

 

新しい収入源を

開拓していくかもしれません。

自分の中の新たな才能を

発掘していくかもしれません。

 

 

3ハウス

知識、情報、影響

 

情報源、知識を得る方法が

変わっていくかもしれません。

自分に影響を与える身近な人と

価値観が合わなくなり、

つきあう人が変わっていくかもしれません。

 

 

4ハウス

自分の居場所

 

自分の居場所について考え、

模索していくかもしれません。

居場所に関する自分にとっての

優先事項は、なんだろう?

 

 

5ハウス

好きなもの、こと、人

自分が生みだすもの、こと、人

 

恋愛、趣味、創造性に関することで、

新しい形を模索、新しい可能性を

見いだすかもしれません。

 

 

6ハウス

日常生活、習慣、健康

 

今まで、あたりまえのように

くり返してきた習慣1つ1つを

見直すかもしれません。

 

 

7ハウス

一対一の人間関係

 

人とのつきあい方や関係性に

新しい風が吹くかもしれません。

人間関係で重要視することが

変わるかもしれません。

 

 

8ハウス

私たちのもの、こと

自分ではコントロールできないこと

 

様々なことに対して、

どのように折り合いをつけるのか。

ゆずれないことは何か?

妥協できることは何か?

そのような基準1つ1つが

変わっていくかもしれません。

 

 

9ハウス

哲学、学び、旅

 

海外へ旅に出るかもしれません。

読書を通して、いろんな時代を

旅するかもしれません。

 

いろいろな旅を経て、

新しい自分の人生哲学を

確立するかもしれません。

 

 

10ハウス

仕事、社会、権力

 

仕事、ステータス、社会的立場

などに関することで、自分のなかで

優先順位が変わるかもしれません。

 

 

11ハウス

希望、志を共にする、

同じ方向に向かう人たち

 

目指す場所へ向かうペースが

変わるかもしれないし、進む

方向性が変わるかもしれません。

それに伴い、つきあう人も変わるかも。

 

 

12ハウス

孤独、目に見えないこと

 

一人の時間の過ごし方が

変わるかもしれません。

孤独に対する新しい価値を

見いだすかもしれません。