心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【西洋占星術】2019年1月のテーマ

 

あけまして

おめでとうございます(^^)

 

新しい気づき、

新しい自分と出会える

1年になりますように...。

 

より自分らしく

生きていけますように...。

 

f:id:live-yourlife:20181222134325j:plain

Photo by Wai Siew on Unsplash

 

 

1月6日と21日ごろは、

特別な時間になりそうです。

 

6日は、やぎ座での日食(新月)

21日は、しし座での月食(満月)

 

関連記事:

2019年の日食・月食サイクル

 

この日食と月食は、

あなたのもとに、何かを

運んできてくれるかもしれません。

 

何かが始まり、何かが

終わっていく雰囲気もあります。

 

具体的に何かが起こるかもしれないし、

どこからか知らせがくるかもしれないし、

自分のなかで新しい気持ちが生まれるかも。

 

この2日と前後の日は、

可能であれば、あまり予定は

入れない方がいいかもしれません。

 

自分の出生ホロスコープに

やぎ座15°、もしくは、しし座0°あたりに

天体がある人は、特に何か感じるものが

あると思います。

 

「出生ホロスコープ 作成」

などで検索すると、

自分の出生ホロスコープを

作成できるページが出てきます。

 

 

前半は、何かを始めたくなる

いきおいと行動力があります。

 

1月1日は、いつも以上に

スタートダッシュ感があります。

(ちょうど火星が、うお座から

おひつじ座に移動するから)

 

 

一人で考える時間も

大切にしたいとき。

 

これから時間をかけて

成し遂げていきたいことは何か?

 

自分の五感で

周りの情報を吸収してみよう。

 

自分の心に

火を灯すことは、なんだろう?

 

うつり変わる季節。

新しい芽が、いくつか目につく。

 

新しい気づきや、ひらめき。

どれを行動に移していくか。

時間をかけて育てたい芽は、どれだろう?

 

 

1月の空は、

にぎやかな感じ。

 

日々の心の様子を

記録してみてもいいかも。

 

受け身になって、

じっくり観察し、

考えたいときもある。

 

かと思えば、

急に動き出したくなったり

するかもしれません。

 

「行動してから考えよう」

「考えてから行動しよう」

 

行動したい気持ちと

慎重になる気持ちがあります。

 

 

全体的には、

様子を見て過ごすような1ヶ月です。

 

行動的になるとすれば前半。

 

後半は、どちらかというと、

色々と、ふりかえったり、

考えるような雰囲気があります。