心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【11ハウス】ともだち

 

11ハウスは、

友達のハウスとも言われています。

 

あなたの11ハウスの

星座は、なんでしょうか?

 

 

自分は、さそり座。

 

小学校からの、

親しい友達は、

太陽星座がさそり座。

 

その友達の11ハウスは、

かに座(わたしの太陽星座)。

 

お互いの11ハウスが、

お互いの太陽星座。

 

11ハウスの太陽星座の人が、

自分の友達になるというわけではないが、

不思議な偶然(もしくは運命?)に、

はじめて知ったときは素直に嬉しかった。

 

でも、納得もできる。

 

わたしは、友情関係に、

さそり座的なものを求めていて、

彼女は、その世界観を持っている。

 

彼女は、友情関係に、

かに座的なものを求めていて、

わたしは、その世界観を持っている。

 

しかも、かに座と

さそり座は、どちらも水の星座。

 

人間関係のハウスは、

3ハウス、7ハウス、11ハウス。

風のハウスとも呼ばれる。

 

これらのハウスは、

120度のトラインの関係にあるので、

同じエレメントになる。

 

3つのハウスが、火の星座の人もいれば、

風の星座、土の星座、水の星座の人もいる。

 

彼女と、わたしの場合は、水の星座。

水は、感情的でもあるので、お互いの

感情がスムーズに流れるという関係でもある。

 

 

あと、11ハウスが、同じ

さそり座の人ともウマが合うように思う。

 

アセンダント星座が同じ人は、ハウスと

星座が、すべて同じ組みあわせになる。

(ホール・サイン・ハウス・システムを採用している場合)

 

だから、

友情関係以外の場面でも、

世界観が似ていて、波長が合う関係。

(ただし、お互いの天体同士がぶつかり合う

ような位置関係の場合、マサツも生まれる)

 

11ハウスが、

さそり座同士というのは、

友情関係を、どこまでも

深めていけるような仲だと思う。

 

f:id:live-yourlife:20180821161855j:plain

Photo by Jamie Taylor on Unsplash

 

11ハウスが風の星座(ふたご座、

てんびん座、みずがめ座)の場合、

社交的で、お互い興味のある話ができる、

ほどよい距離感、風通しのよい友情関係を好む傾向。

 

火の星座(おひつじ座、

しし座、いて座)の場合、

一緒にいて盛り上がるような、

一緒にどこかへ出かけたり、

何か楽しいことをしたり、

そのような友情関係を好む傾向。

 

地の星座(おうし座、

おとめ座、やぎ座)の場合、

一緒にいて落ちつく、まったりした関係、

一緒に自然のある場所に出かけたり、

何かを一緒に作るような友情関係を求める傾向。

 

水の星座(かに座、

さそり座、うお座)の場合、

気持ちが通いあう、お互いの

気持ちを受けとめる、より添うなど、

そのようなことが、友情関係では、大切。