心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

日食・月食サイクルについて、あれこれ

 

 

2018年7月28日1:00amごろ、パシャリ

 

はじめて肉眼で火星を見ました。

(月の左下に、ちょこんと光ってるやつ) 

 

はじめてじゃないのかもしれないけど、

「あれが、火星だ」と意識して見たのは、はじめて。

 

実際に見ると、思ってた

以上に大きくて、見とれる。

(逆行している天体は、

いつもより大きく見える)

 

今回の満月は、月食。

 

日食(新月)と月食(満月)は、

部分日食、部分月食なども含めて、

1年に5回くらい、ある。

 

1年半ずつ、向かい

同士の星座で、起きる。

 

今は、しし座とみずがめ座で。

7月28日は、みずがめ座での月食(満月)。

8月11日は、しし座での部分日食(新月)。

 

来年(2019年)からは、

かに座とやぎ座のサイクル。

 

新月も満月も1ヶ月に1回あるが、

日食や月食の新月や満月は、

普通の新月や満月よりもパワフル。

 

特に、ネイタル(自分が生まれたとき)の

天体が、日食や月食が起きる星座の度数の

近くに位置する場合、より影響を受けやすい。

 

 

日食や月食のサイクルの特徴

 

新しい気づき、知らせ、

変化などが、やってくる 。

 

基本、自分から行動するような日では、ない。

のんびり過ごせるように、

スケジュールは、空けておいたほうが、無難。

誘われれば、こたえても、よし。

基本は、受け身の姿勢な日。

 

1年半ごとにテーマが変わる。

たとえば、自分の場合、

みずがめ座としし座は、

出生ホロスコープで

2番目と8番目のハウスなので、

お金や経済のことが、テーマだった。 

 

 

1年に5回くらいある、日食や月食の日に、

どのようなことがあったか、記録して

いくのも、おもしろいかもしれません。

 

過去の日食や月食の日に、

何があったのか、ふりかえってみても、

おもしろい発見が、あるかも。

 

こちらで、日食と月食の日が確認できます。

今は、とりあえず、2018年と2019年だけ。

少しずつ、増やしていこうかと。

 

その日に、何があったか、

どのような気づきや変化が

あったか、気が向いたら、ぜひ

コメント欄で、シェアしてみてください。