心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【その3】インコンジャンクト・アスペクト

 

何も一致するところがないので、

比較しようもなく、答えも出ないわけです。

ですが、勇敢なるインコンジャンクトは、

そこに答えを出そうと試みます。

 

(省略)

 

両方を生かす第三の道がきっとあるはずだ。

インコンジャンクトはそう考えるのです。

矛盾点を簡単に切り捨てず、それぞれに

ちゃんと生かそうとするタフなやつ。

 

インコンジャンクトは、

お互いの相違を決してあきらめず、

違っているからこそ生み出せる

何かを創造しようとするのです。

 

著書:石井ゆかりの星占い教室のノート

著者:石井ゆかり

 

とてもステキな言葉。

 

f:id:live-yourlife:20191121212833j:plain

Photo by Victor on Unsplash

 

ふと思いました。

 

あなたの出生ホロスコープに、

インコンジャンクト(150度)、

オポジション(180度)、

スクエア(90度)などのアスペクトがある場合、

 

トライン(120度)や

セクスタイル(60度)の

ソフト・アスペクトと比べると

「難しい」「扱いにくいアスペクトだな」

って感じると思います。

 

自分のなかにある

インコンジャンクトな

性質を共存させていく、

違っているからこそ可能な、

新しい何かを生み出す。

 

もし、そのような道を

見いだすことができれば、

外の世界に存在する、様々な矛盾や

多くの「異世界」を1つに、つなげていける

道すじも見えてくるのかもしれません。

 

自分が持って生まれた

インコンジャンクト、

オポジション、スクエアなどの

課題と向きあっていくことで、

世界に存在する様々な問題に対して

「こたえ」を見いだしていける

自分になっていけるのかもしれません。