心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

2018年7月のテーマ

 

勇気を持って

誰かと話しあう場面があるかも。

 

言葉よりも行動で示したほうが、

伝わりやすい場合もある。

  

怒りを言葉にしたいと思ったときは、注意。

言わないほうが、いいかもしれない。

 

苦手な人からは、距離を置く。

自分のためにも、相手のためにも。

 

ナイフは、自分のなかの

ドクを切り離すこともできるが、

人や自分をキズつける道具にもなる。

 

何を、誰を、

自分の人生から切り離すのか。

 

衝動的に

決めないほうがいい。

 

これでいいと、

心から思えるかどうか。

 

迷いがあるなら、

とりあえず

今は、行動しない。

 

とりあえず保留。

 

 

 

 

 

 

本音と建前。

 

誰に、

どこまで見せて、

どこからは見せないのか。

 

どのように

自己表現していくのか。

 

思いが、めぐる。

 

探せば、考えれば、

いずれ、見つかる。

 

 

 

 

 

 

書店に足を運んで、

「これ!」と思う本を選んで、

読んでみるのも、いいかもしれない。

 

言葉の芸術に、ふれてみる。

 

自分で、詩や小説やエッセイなどを書いてみたり、

演劇や落語などに挑戦してみたり、近所の図書館で

絵本の読み語りをしてみるのも、いいかもしれない。

 

公募に自分の作品を出してみても、いいかも。

 

 

 

 

 

 

子どもが、ケガをしたら、

親が、かけつけてくれるように、

 

距離を置いて、見守るが、

困ったときは、助けにきてくれる。

 

誰かが。

 

大丈夫。

勇気を持って、

進んでみる、行動してみる。

 

途中でケガをしたとしても、

そのキズは、少しずつ癒えていく。

 

道を間違えても、

軌道修正していける。

 

難しいことも、

前向きな気持ちを持って、

進んでいける。

 

 

 

 

f:id:live-yourlife:20180703145535j:plain

Photo by Leo Rivas on Unsplash

 

水のように、

気持ちがスムーズに流れる。

 

どの分野で、

そうなのかは、

人それぞれ。

 

自己投資に心が向かう人、

仕事に気持ちが向かう人、

人間関係で心がスムーズに通う人、

より深い学びを求める人。

 

 

 

 

 

家のなかの押入れ。

普段は、見なくてもいい。

見えなければ、気にならない。

 

でも、たまには、

その扉を開いて、整理する必要がある。

 

自分の感情、気持ち、心の世界。

そのようなものと、より深く

向きあうときかもしれない。

 

「知らぬが仏」

という言葉もある。

 

知らないまま、生きていくのか。

 

真実と向きあうのか。

 

どちらを選ぶかは、自分次第。

 

 

 

 

 

7月下旬は、色々と、

あわただしくなる予感。

 

いろんなことで、

心がいっぱいいっぱいに、なるかも。

 

外に出かけたり、

ニュースやSNSなどを見るよりも、

 

家で、ゆっくり、静かに、

自分の時間を過ごしたほうが、

平和かもしれない。