ホロスコープの基本

 

学んだことのメモ

 

ホロスコープ(horoscope、チャート)は

占星術における各個人を占うための天体の配置図。

惑星、黄道十二宮、十二室、角度の4つの要素で構成される。

 

Wikipedia より

 

ホロスコープとは、ある瞬間に、

「空」に散らばった星の位置を

プロットした、いわば「空の地図」です。

 

石井ゆかりの星占い教室のノート

 

 

サイン(12星座)

Aries, Taurus, Gemini,

Cancer, Leo, Virgo,

Libra, Scorpio, Sagittarius,

Capricorn, Aquarius, Pisces

 

おひつじ座、おうし座、ふたご座、

かに座、しし座、おとめ座、

てんびん座、さそり座、いて座、

やぎ座、みずがめ座、うお座

 

 

プラネット

Sun, Moon, Mercury, Venus, Mars, Jupiter,

Saturn, Uranus, Neptune, Pluto

 

太陽、月、水星、金星、火星、木星、

土星、天王星、海王星、冥王星

 

 

12のハウス

それぞれのハウスに、それぞれのテーマがある。

例えば、天職について知りたい場合は、第10室を見る。

 

 

アスペクト

1つ1つのプラネットが、おりなす角度 。

その関係性から、色んなことが、よみとれる。

 

 

支配星

それぞれの星座に支配星がある。 

 

おひつじ座:火星

おうし座:金星

ふたご座:水星

かに座:月

しし座:太陽

おとめ座:水星

てんびん座:金星

さそり座:冥王星

いて座:木星

やぎ座:土星

みずがめ座:天王星

うお座:海王星

 

 

感想

 

「空の地図」という表現がステキ...。

自分が生まれた瞬間の「空の地図」

 

わたしは「かに座」だけど、それは、

つまり、わたしが生まれた瞬間、

太陽が、かに座の方角にあった、ということ。

 

別の星(プラネット)は、別の方角にあって、

それらの位置関係から、色んなことが、よみとれる。

 

そこには、自分の人生のテーマや、

色んなことが描かれているように感じる。

 

肉眼で見ることができないという意味で、

天王星、海王星、冥王星は、無意識の世界を

象徴するという考えかたも、おもしろい。

 

そういう意味で、トラウマと関わりがあるのは、

土星、天王星、海王星、冥王星のように感じる。

 

 

私は、個人的に「10人いれば、10通りの

ホロスコープの読み方がある」と思っています。

 

シンプルで力強いホロスコープの体系は、

「人の心」と分かちがたく結びついています。

ホロスコープを読むということも「人の心」から出発する。

そんなふうに、今の私は、考えています。

 

石井ゆかりの星占い教室のノート

 

ホロスコープという

「空の地図」を見たときに、

自分の「心」に映し出されるものは、

 

なんだろうか...。