心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【2018年8月】おうし座の今月

 

見えていたゴールが見えなくなる、

方向性を見失うような、漂流して

いるような感覚になるかもしれない。

 

その場合は、あせらない。

 

地に足がついている、

その安定感に安心する、

おうし座にとっては、

少し不安になることかもしれない。

 

でも、大丈夫。

この状態が続くわけでは、ない。

 

海の上を、ゆらゆらと。

そのような状態にも、

心おだやかさを

見いだせるか、どうか。

 

目標に向かって進むことも大切だが、

日々の生活のなかの、何気ない、

ささやかな喜びや楽しみに感謝できるか、どうか。

 

今まで、1つのことに

焦点を当てていたなら、

顔をあげて、全体を

見わたしてみるのに、よい時期。

 

1つの、自分の好きな花だけを

見ていても幸せだが、顔を上げて、

どこまでも続く、お花畑を楽しむこともできる。

 

f:id:live-yourlife:20180720153733j:plain

Photo by Luke Stackpoole on Unsplash

 

自分のルーツや家族、

自分の核、木の根っこの部分に関して、

思いをめぐらすような、星まわり。

 

1人で登山や、森に出かけてみたり、

近所の公園に向かってもいい。

 

一歩一歩、大地に足をつけて、

歩きながら、瞑想するように、

考えるのも、よい。

 

自分とは、一体何者なのか?

自分が本当に望んでいることは?

自分の核となるような信念や性質は?

 

それに関して、今まで

盲点になっていたようなことが、

急に見えるように、なるかもしれない。

 

特に8月11日ごろ。

5月6日〜12日生まれの、おうし座や、

アセンダントがおうし座15〜21°に

ある人は、特に影響を受ける可能性。

 

見えてきたことに、

何か矛盾を感じるかもしれない。

 

Aも大切だけど、Bも大切。

2つは、一見、矛盾している

ように見えるかもしれない。

 

どちらを選ぶのか。

どちらを優先させるのか。

 

たとえば、仕事を優先するあまり、

自分のことや、大切な人間関係を

犠牲にしたり、していないだろうか?

 

自分、家族、パートナー、仕事。

今の自分に合ったバランスを模索。

 

おうし座の人は、どちらかというと、

好き嫌いが、はっきりしていて、

自分の肌感覚で、選ぶことができる。

 

今月は、自分で何かを決めたり、

選んだり、行動するよりは、

自然の流れに身をまかせてみると、

いいかもしれない。

 

あらゆることを、

いったん保留にして、

鳥のように空から全体像を

眺めてみるのも、よし。

 

前に進むというよりは、

色々と、ふりかえるような、とき。

 

この期間に得た、

新しい気づきをもとに、

方向転換や微調整をして、

9月から、また再出発できる。

 

 

おうし座は、

どちらかというと

変化を好まない星座。

 

よい意味で、

揺るがない安定感と信頼感。

 

わるい意味で、

今までの、やりかたや

考えかたに、固執してしまう傾向。

 

これからの時期は、

今月の、新しい気づきをもとに、

今までのやりかたや、考えかたを

変えていくことが、求められる。

 

 

自分の仕事や天職について

考える機会もあるかもしれない。

 

今やっていることは、

今までと変わらず自分の

情熱を注げるようなことか?

 

興味のある分野の資格習得のために

勉強したいという気持ちも出てくるかも。

 

仕事や自己投資のために、新しい

スキルを身につけるのも、よい。 

 

 

仕事のパートナーとの会話や、

一緒に過ごす時間のなかで、

素敵なアイディアが生まれる。

 

1人で考えるよりも、

相手と話しながら、ひらめき、

仕事もスムーズに行く。

 

恋愛のパートナーとも、

一緒にしたいことや行きたい場所などを

色々と思いつき、ワクワク感満載。

 

 

8月下旬は、

趣味やクリエイティブな活動に

意欲がわくような、とき。 

 

それを、記録していっても、

おもしろいかもしれない。

 

たとえば、読書が好きなら、

ノートに、印象に残った言葉や

感想などを記録していく。

 

 

子どもがいる人は、

夏休みが終わる前に、

一緒に過ごす時間が、

思った以上に充電できる

ひとときに、なるかもしれない。

 

 

 

ステキな1ヶ月に、

なりますように...。