心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【2018年8月】いて座の今月

 

学ぶことについて、

色々と考えるようなとき。

 

そもそも、

自分が目指している

方向性は、自分らしいのか。

 

そこに向かっていくために、

どのようなことを学んでいけば

いいのか。

 

情報や知識などの左脳の学びと、

人生哲学やクリエイティブなどの右脳の学び。

 

自分が求めている学びは、

なんなのか。

 

バランスのとれた学びかたをしたいのか。

そもそも、バランスなど求めていないのか。

 

自分が「好きだ」「おもしろそう」

「もっと知りたい」「もっと学びたい」

心から、そう思えることは、なんだろうか。

 

向かう先を決めて、

それに向かって学ぶかもしれないし、

 

興味のあることを学んでいるうちに、

向かう先が見えてくるかもしれない。

 

それは、人それぞれ。

あなたの進みかたは、どちらだろうか。

 

向かう先があり、

それを思いえがきながら進み、

必要なことを学びながら進み、

実際に日々の生活のなかで行動していく。

 

8月11日ごろ、

それまでの、あらゆる思考の点と点が、

つながっていき、今まで見えていなかった

新しい気づきが、あるかもしれない。

 

あなたの心に、

新しい火が灯るかもしれないし、

今まで、そこにあった火が、

消えるかもしれない。

 

どちらにしても、それは、

新しく出発していくために

必要な情報。

 

f:id:live-yourlife:20180727132327j:plain

Photo by Valentin Antonini on Unsplash

 

8月7日ごろ、

人間関係などの風通しがよく、

自分に追い風が吹いているように

感じるかもしれない。

 

誰かと2人だけで、落ちついた、

安心できる時間を過ごすも、よし。

 

気のおけない仲間たちと

過ごす時間も、楽しい。

 

家族では、もし、

いつもとは違う空気感

(ピリピリした感じとか)を察知したら、

少し距離を置くのが、いいかもしれない。

 

 

いて座は、小さな場所に、

おさまるような星座ではない。

 

たとえ物理的に

小さな場所にいても、

心は、どこまでも、行く。

 

8月9日ごろ、

深い深い、海の世界へ。

 

いて座は、外へ外へ、

どんどん広がっていく

ようなイメージだが、

 

この期間は、内へ内へ、

目を向ける、心を向けることが

求められるかもしれない。

 

いて座は火の星座だが、

9日ごろは、水の性質が

前面に出てくるようなとき。

 

水に、火を消される

心配をしなくてもいいし、

 

水を、火で蒸発させようと

しなくてもいい。

 

2つの性質は、

自分のなかで共存できる。

 

9日ごろは、いつもは

見えていない自分の深い部分や、

ほかの誰かの知らなかった一面などに

光が照らされるようなとき。

 

世界全体が1つの心の海だとすると、

私たち1人1人は、深いところで、

みんな、つながっている。

 

そのように感じる日に

なるかもしれない。

 

実際に、海のある場所へ出かけて、

海のなかに浮かんでみるのも、いいかも。

 

8月7日、9日に感じた世界観が、

11日の新月(部分日食)に、つながっていく。

 

 

8月の後半は、

価値の提供や、価値の交換について

思いをめぐらすかもしれない。

 

自分が喜んで

お金を払うことは、

なんだろうか。

 

仕事や、自分がやっていることで、

自分が提供できる価値は、なんだろうか。

 

また、自分の価値を、

自分の収入や他人の評価などと

結びつける考えが、もし、あれば、

そこから自由になりたい、という

思いが出てくるかもしれない。

 

 

今月は、全体的に、友達や

趣味などのサークルの仲間たちと

楽しい時間を過ごせるとき。

 

みんなで、どこかへ出かける

計画を立ててみるのも、いいかも。

 

 

今月は、どんどん

前に進んでいくというより、

今までのやりかたや

進みかたを、見直すようなとき。

 

ここで、ふりかえったことや

考えたことをもとに、9月から、

また再出発していくことができる。

 

 

ステキな1ヶ月に、

なりますように...。