心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【2018年8月】うお座の今月

 

私たちは、海にいた。

生まれる前は、海のなかに。

 

お母さんのお腹の中は、

海のようだった。

 

そこは、安心できる場所だった。

 

でも、ずっと、そこに

いるわけには、いかない。

 

私たちは、生まれてきた。

この世に。

 

いろんなことを経験して、

いろんな感情を通過して、

いつか帰っていく、あの場所へ。

 

うお座は、そのような星座。

12星座の最後の星座。

 

すべてが1つの世界、

すべてが、つながっている。

誰もが、最後に、たどりつく場所。

 

夢を思い描いているときは、幸せ。

自分のヴィジョン、自分の向かう先。

 

心に理想を描くことは、大切。

たとえ、今の現実と、かけ離れていても。

 

夢見ることから、すべてが始まる。

でも、夢見るだけでは、どこにも行けない。

 

毎日の生活のなかで、

理想に向かうための実践が必要。

 

でも、日々の雑務に追われて、

自分の理想を見失うことだって、ある。

 

今月は、

そのようなことについて、

考え、見直すようなとき。

 

自分の理想は、

本当に自分の願いと

一致しているだろうか。

 

全体像を見失うことなく、

毎日の一歩をふみだせて

いるだろうか。

 

ゴールを見すえて、

進みつづけて、いるだろうか。

 

自分にとって、ちょうどいい

バランスは、どこだろう。

 

1週間に1度、

ふりかえるのが、いいのか。

 

1ヶ月に1度、

ふりかえるのが、いいのか。

 

7月の終わりごろ、

これらに関して、何か

感じたことがあったかもしれない。

 

8月11日ごろ

新たな気づきがあり、

見えていなかったものが、

だんだんと見えてくるかもしれない。

 

f:id:live-yourlife:20180730143118j:plain

Photo by Ethan Weil on Unsplash

 

8月9日ごろ、もし心が、

かわいていたなら、恵みの雨。

 

感情の波が立っていたなら、

心に津波が、押しよせてくる

ように感じるかもしれない。

 

流れてくるエネルギーに

飲み込まれるのではなく、

有効活用することもできる。

 

自己投資に、

そのエネルギーを使う。

 

健康のために、

栄養のある食事を作るもよし、

外にジョギングに出るも、よし。

 

趣味や創作活動に、

そのエネルギーを使うも、よし。

 

新しいことを学ぶも、よし。

図書館で本を読んだり、

遠くへ、旅に出てもいいかもしれない。

 

 

8月後半は、友達や

仕事仲間、サークル仲間、

コミュニティ仲間など、

様々なグループについて、

思いをめぐらすかもしれない。

 

今、そこに、自分の

居場所があると感じるか。

 

心から、

ここに、いたい、

と思えているか。

 

そのグループで過ごす時間は、幸せか、

それとも、自分の元気をうばう時間か。

 

そのグループのために

がんばりすぎていないか、

無理しすぎていないか。

 

そのグループとの、つきあいかた。

どのくらいの時間、一緒に過ごすのか。

どのくらいの距離感が、自分にとって

ちょうどいいのか。

 

 

今月は、全体的に、誰かと2人で

楽しい時間を過ごせるようなとき。

 

相手が何か楽しいことを思いつき、

誘いが、あるかもしれない。

 

今月は、水星と火星が逆行。

いつものように進まないことが多いと、

不安に思うこともあるかもしれないが、

 

今は、前に進むより、

ペースを落としたり、少し休んで、

今までのやりかたや進みかたを

ふりかえり、修正していくようなとき。

 

普段は、考えなくてもいいようなこと、

気にしなくてもいいようなことについて、

ふりかえることが求められるようなとき。

 

どのように、この期間を

過ごすかは、自分次第。

 

いつもとは違うペースに

つかれたら、「楽しい」と

感じることで、息抜きを。

 

今月に感じたこと、気づいたこと、

考えたことなどをもとに、9月から、

また再出発していける。

 

 

ステキな1ヶ月に、

なりますように...。