心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【2018年8月】かに座の今月

 

感情は、

水のようなもの。

器に入れないと、

流れていってしまう。

 

自分の気持ちを

受けとめくれる、

受け入れてくれる、

器のような人は、誰だろう?

 

8月4日ごろは、

そうした、人の支えを

感じられるようなとき。

 

それは、身近な人の

優しさかもしれないし、

近所の人との何気ない、

あいさつ、かもしれない。

 

恋愛パートナーや

ビジネスパートナーに

改めて感謝する気持ちが

出てきたら、伝えよう。

 

同じ趣味や関心、夢を持つ仲間と

集まってもいいかもしれない。

 

器は、流れたいときに、

妨げとなる壁になることも、ある。

 

8月4日以降、もしも、

相手の支えの気持ちなどが行きすぎると、

少しおせっかいのように感じるかもしれない。

 

それが、安心できて、

いいと感じるかもしれないし、

 

器という枠組みの中に縛られているようで、

イヤだと感じるかもしれない。

 

f:id:live-yourlife:20180722123946j:plain

Photo by Kris Guico on Unsplash 

 

8月7日ごろは、...

 

少し、想像してみてほしい。

(かに座は、想像力が豊かな星座)

 

世界が、すべて、海。

そんな世界を想像してみてほしい。

海と陸で、分かれていない。

海と空でも、分かれていない。

 

すべてが海、水の世界。

 

そこでは、

みんなが、

つながっている。

 

水の振動とかで、

相手の気持ちが伝わってくる、

それを、自分のものとして、感じる。

 

相手の喜びも、そのまま

感じることが、できる。

 

でも、感情移入しすぎたり、

悲しみや苦しみを自分のことの

ように感じていてばかりだと、

つかれてしまう。

 

すべてには、

ウラ、オモテが、ある。

 

8月7日ごろは、

そのような、境界線のない、

すべてが、つながった世界観のなかを

自由に行き来することができる。

 

そこで、

何かを、さとるような

体験をするかもしれない。

 

そこまでいかなくても、

ちょっとした目からウロコな瞬間。

 

 

8月9日ごろ、月が、

かに座に戻ってくる。

 

月は、かに座の支配星なので、

かに座の方角に、月が来たときは、

月が、自分の家に帰ってきたような感じ。

 

かに座は、水の星座。

同じ水の星座、

さそり座には、木星、

うお座には、海王星がいる。

 

月と木星と海王星。

この3つの星が、8月9日、

空に大きな三角を描く。

(グランド・トライン)

 

心のなかで、

新たな光が灯るかもしれない。

 

何かが生まれる。

 

気持ちを新たにして、

出発していけるときでもある。

 

 

そして、

4日、7日、9日ごろの

出来事や感じたことが、

8月11日の新月(部分日食)に、

つながっていく。

 

自分が提供できる価値、

それによって対価を

受けとることができる。

 

それは、なんだろう?

 

自分の道具箱を開いて、

考える。

 

これと、これを

組み合わせたら、

おもしろいんじゃないか?

 

これは、

別の使いかたも、

あるんじゃないか?

 

自分の、この能力は、

こういうことにも活かせるよね。

 

自分の好きなこと、

そうじゃないこと。

 

自分のできること、

できないこと。

 

自分が楽にできること。

楽しくできること。

得意なこと。

 

相手に喜ばれること。

相手の心が動く、何か。

 

自分の個性、

人と違った価値を、

どのように表現し、

伝え、発信していくのか。

 

今までとは違った、

改良を加えた、

もしくは、新しい形の

価値の提供について、考える。

 

そのような時期。

 

特に8月11日ごろ、

これに関して、何か、

ひらめくようなことが、

あるかもしれない。

 

 

8月上旬と下旬は、

自分が得た新しい知識や情報に、

自分の気持ちや考えをそえて、

同じ関心を持つ人たちに発信して

いくことに、喜びを感じるようなとき。

 

 

今月は、全体的に、楽しみながら、

自分と向きあえるような、とき。

 

自己啓発の本を読んだり、

1人で内省の時間を持つも、よし。

 

家族や、近しい人たちと

過ごす時間も作りたいような、星まわり。

 

 

どちらかというと、

 

8月前半は、

自分の意志や気持ちで

進んでいけるようなイメージで、

 

後半は、

流れに身をまかせる、委ねるほうが、

上手くいくことも、あるかもしれない。

 

 

ステキな1ヶ月に、

なりますように...。