心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

【あなたは、どっち?】太陽がのぼる空、しずむ空

 

ホロスコープの左半分は、

太陽が、のぼっていく空。

 

右半分は、

太陽が、しずんでいく空。

 

f:id:live-yourlife:20180718190124j:plain

Photo by Jake Blucker on Unsplash

 

出生ホロスコープの

太陽が登っていく空に

多くの天体が集まっている人は、

流れを自分で作っていく、

自分の意志で道を切り開いていくことで、

いろんなことが上手くいく傾向があり、

 

太陽が沈んでいく空に

多くの天体が集まっている人は、

自然の流れに身をまかせたほうが、

いろんな場面で導かれる傾向がある。

 

あなたの出生ホロスコープには、

どちらの空に、より多くの天体が

集まっていますか?

 

 

これは、2018年8月の空の様子。 

おひつじ座をアセンダントとした場合。

 

左半分に、

火星、土星、天王星、海王星、冥王星

 

右半分に、

太陽、水星、金星、木星

 

たとえば、2018年8月に生まれた人で、

アセンダント星座がおひつじ座の人の

出生ホロスコープは、だいたい、上のようになる。

 

月の位置は、日時による。

 

左半分の方が、天体の数は多いが、

太陽をはじめ、水星や金星など、

内側に近い天体が集まっているという意味で、

 

自然の流れに乗ったほうが、上手くいく傾向。 

 

でも、月が、左半分に

位置する日時に生まれた場合、

アセンダントおひつじ座の

チャートルーラー火星も

左半分に位置することを考慮すると、

 

半々と考えることもできる。

 

自分の力で道を開くこともできるし、

流れに上手く乗ることも心得ている。

 

時と場合によって、

流れに乗るのか逆らうかの

判断が求められる。