心と星の世界

星の世界に、自分のカケラを、見つける...

12のハウスについて

 

著書「The Twelve Houses」から、

1つ1つのハウスについて

印象に残った箇所を

ピックアップしたいと思います。

 

(日本語は、個人の意訳)

 

 

 

 1番目のハウス

 

「自分」に関するハウス。

 

The Sun is the kind of hero we are,

but the Ascendant is the quest on which we must embark.

 

The signs and planets in the 1st house indicate

the kinds of functions which will be most valuable

in the process of realizing our own unique identity.

 

太陽のサインに

向かっていく道のりが、

アセンダント(1番目のハウス)

 

自分の個性を育てていくために、

1番目のハウスのサインや、そこに

位置するプラネット(星)がヒントになる。

 

自分は外の世界に、どのように映るのか。

どのような仮面をかぶるのか。

 

 

2番目のハウス

 

形ある価値、という意味で、

一般的に「お金」と結びつけられるハウス。

 

The 2nd house is an indication of

what constitutes our personal security.

 

More broadly, 2nd house placements

designate what we value and hope to gain in life.

 

The 2nd house shows what we desire.

Desire-energy is a mysterious and powerful force:

in fact, what we desire, value or appreciate

largely determines what we attract into our lives.

  

自分を安心させてくれる確固たるもの。

 

人生で得たいもの。

自分が価値を見出すもの。

 

私たちが求めるものを

2番目のハウスから、

よみとくことができる。

 

私たちは、

自分が求めるもの、自分が価値を見出し、

ありがたみを感じるものを引き寄せる。

 

 

3番目のハウス

 

「思考」や「学び」のハウス。

自分に近い環境から学ぶ、という意味で、

兄弟姉妹、近距離の旅行などもキーワードに含まれる。

 

Third house placements describe

our mental style –how we think –

but with particular reference to the left-brain functions.

Is our mind slow, fast, logical or woolly?

  

自分の思考スタイル(左脳)。

ゆっくり考えるタイプか?

論理的に考えるタイプか?

 

自分に1番近い世界で、

私たちは、どのような

コミュニケーションを取り、

何を学ぶのか...。

 

 

4番目のハウス

 

「家族」や「自分のルーツ」のハウス。 

 

The 4th house represents where we go

when we settle back into ourselves –

the inner centre where our ‘I’ returns to

rest before launching into activity again.

 

The 4th house

has been traditionally associated with

the home, the soul and the roots of the being.

 

自分が帰る場所。

自分のなかの中心部分。

 

家族、自分のルーツなど。

 

 

誰だって、

外の世界で、つかれたら、

帰ってこれる場所が必要。

 

 

5番目のハウス

 

「創造」のハウス。

何かを生みだすという意味で、

「子ども」や「芸術」などに関係する。

 

Another keynote of the 5th is generativity –

which simply defined means ‘the ability to produce’.

 

These two principles,

the need to be loved for our specialness

and the desire to create from inside ourselves,

underlie most of the traditional associations with the 5th house.

 

自分は、

この世界に、

何を生み出すのか。

 

自分のなかから何かを生み出し、

特別な一個人である、自分を表現したい気持ち。

 

 

6番目のハウス

 

「日常生活」「習慣」のハウス。

健康にも関係し、毎日やることという

意味で、仕事とも関わりのあるハウス。

 

The 6th house is all about

sticking to our plan and blossoming

into precisely what we are meant to be.

 

The consequences for not respecting

the truths of our own nature are stress,

frustration and dis-ease.

 

Planets and signs in the 6th describe issues

relating to work and employment, and suggest

the tasks that we can potentially do most well.

 

自分らしい人生を

花咲かせていくために必要な6番目のハウス。 

 

自分を偽った生きかたは、

心や体の病気につながる。 

 

6番目のハウスのサインや、

そこに位置するプラネット(星)は、

仕事に活かせる特技を知るヒントにもなる。 

 

 

7番目のハウス

 

「一対一の人間関係」のハウス。

 

The Descendant

–the westernmost point in the chart –

disappears from view as we are being born.

 

Traditionally the Descendant and 7th house are

described as those qualities we seek in a partner;

but on a deeper level they represent those qualities

hidden in us which we need to consciously

integrate into our awareness to become whole.

 

自分が生まれる瞬間に

視界から消えていく空。 

 

 

7番目のハウスは、自分がパートナーに求める

性質を示すと言われているが、実際には自分の

なかにも(目立たないかもしれないが)ある性質。

 

それらの性質を自分のものとして

受け入れ、生かしていくことができるか。 

 

 

8番目のハウス

 

「他者の資源」「他者からの支援」のハウス

 

The 8th house has many labels.

Since it is opposite the 2nd house, which is ‘my values’,

it is commonly called ‘the house of other people’s values’.

 

Childhood dies and adolescence is born.

Adolescence passes and we die into adulthood.

A birth requires a death; and a death requires a birth.

 

2番目のハウス(自分の価値)と

反対の位置にある8番目のハウスは

「他の人の価値」を表すとも言われている。

 

自分ではない、他の誰かと

人生を共にする過程では、

ある意味で「自分」が、死ぬ必要もある。 

 

そして「死」と「再生」は、

何度もくり返される。 

 

子ども時代が死に、思春期が生まれる。

思春期が過ぎ、死を通過して、大人になる。  

 

関連記事:

「おわり」に向かうことについて

  

 

9番目のハウス

 

「より深い学び」のハウス。 

 

The 9th is the area of the chart most directly

concerned with philosophy and religion.

 

Without meaning, there is often the feeling

that we have nothing to live for, nothing to hope for,

no reason to struggle for anything, and no direction in life.

 

哲学や宗教と

もっとも関わりのあるハウス。

 

生きる意味や目的が

あるから、希望が生まれる。 

 

苦しみにも

意味を見出すことができ、

進む方向性が見えてくる。

 

 

10番目のハウス

 

仕事のハウス。

 

What the 9th house envisions,

the 10th house brings to earth.

 

The Midheaven is the most elevated point

in the chart, and symbolically speaking, placements

here ‘stand out’ above all others in the horoscope.

 

 9番目のハウスで心に描いたことを、

10番目のハウスで実現する。

  

自分が生まれた瞬間の一番高い空の場所に

位置するものは、色んな意味で、目立つ。

 

 

11番目のハウス

 

「友達」「仲間」のハウス。

志を共にする仲間のイメージ。

 

At its deepest level, the 11th house represents

the attempt to go beyond our ego-identity and

become something greater than what we already are.

 

On some deep level,

we are all linked together.

 

We yearn for a more ideal self or a more utopian society.

Therefore, this area of the chart has been labelled

the house of hopes, goals, wishes and objectives.

 

 

深いところで、私たちは、

みんな、つながっている。 

 

自分のエゴを超えて、

希望的な場所に向かいたい。 

 

より大きな世界(友達のグループ、会社、

社会、国家、世界)の一員でありたい。 

 

それが11番目のハウスのテーマ。

 

 

12番目のハウス

 

個人的には、「さとり」のハウスと読んでいる。

 

It is as if energies in the 12th house are not

intended to be used solely for personal ends.

We may be asked to express that principle

for the sake of others, not just for ourselves.

 

Since the 12th relates to reconnecting with

something numinous and divine, an individual may

experience a planet there as the key or path to

greatness and self-transcendence.

Naturally, he or she would want to develop it.

 

While not fully losing our own personal identity

or sense of our own unique individuality, we need to

experience, acknowledge, honour, and connect to

that part of us which is universal and unbounded.

 

「自分」を超えていき、

「世界」と1つになる

12番目のハウス。 

 

12番目のハウスに

位置するプラネット(星)は、

 

自分を超えていき、何か大きなことを

成し遂げるためのカギを握っていると同時に、

自分が超えていくべき試練でもある。

 

人(世界)のために、

自分が不幸せになる必要はない。

 

人(世界)の苦しみや犠牲によって、

自分の幸せが成り立つ構造も、何か違う。

 

自分らしさを失わず、

喜びをもって生きる。

 

そのうえで、自分が、まわり(世界)の

ためにできることは、なんだろう...。 

 

 

 

著書:

f:id:live-yourlife:20180201170549j:plain